ありえない!性病客を撃退!

2021.03.01

風俗のお仕事の不安要素のひとつは、『性病』ですよね。

自分で事前に知識を持っているのといないのとでは、実際にお客様が性病だった時の対処が変わってきますよね。

今回は、性病客の見分け方、接客したお客様が性病の可能性があった時の対処法などをまとめてみましたので活用してください。

CONTENTS

▶ 性病って?
▶ 性病の見分け方
▶ 予防のポイント
▶ お客様の対処法
▶ まとめ

 
性病って?
  

そもそも性病ってなんなの?
 

性行為による感染症
簡単に言うと粘膜の接触で感染してしまう病気。
特に性行為は体中に付着した粘膜や唾液に多く触れます。
性病は、性器だけではなく、喉、肛門、直腸、喉頭など感染するケースがあります。
病原菌の種類も多く、感染する病原菌によって症状は異なります。


不妊症・流産・早産の原因に
性病の種類によっては妊娠にも悪影響を及ぼします。

子供への感染
お腹の子供に病原菌(主に梅毒、クラミジア、エイズ)が感染すると、生まれた子供に結膜炎・肺炎・脳症・失明などリスクを背負ってしまうこともあります。

性病は進行型
他の病気と違い自然に治癒しないタイプが多いのが性病。
体調に不安を感じたらちゃん検査を受けてください。

 

お仕事を続けるのであれば、定期検査は心掛けてくださいね。

自分の体の状態を知ることがリスク回避の第一歩です。

性病の見分け方
 


  
予防のポイント


風俗のお仕事で接客のあと、お客様が性病だった、なんてことを回避するために
お店側出も対策を講じています。

それが女の子がお仕事の際に持っているアイテムです。
・イソジン
・グリンス
・爪切り

など+α自分で用意している人もいます。

 

POINT

爪をチェック
爪が長いと、爪の間に雑菌が付着している可能性があリます。
爪が長いと身体に傷がつくこともあるので、爪の長いお客様には短く切ってもらいましょう。


体・性器をチェック
お客様の体や性器に異常が見られたら、性病の可能性があります。

・ただれている
・腫れている
・異臭がする
・体を洗うと痛がる
・肌にぶつぶつがある、荒れている


可能性のあるお客様だった場合、スタッフに連絡するか、接客する場合は、「ゴム着」「キスなし」などお願いしましょう。


シャワーで丁寧に
男性器や肛門は粘膜や雑菌が付着している部分です。
プレイの前にシャワーで丁寧に洗っておきましょう。


口の消毒を行う
プレイの前後でお客様と一緒にイソジンでうがいをしましょう。
とにかく体を清潔にしてください。


プレイ後もちゃんとシャワー
あまり時間をかけることはできませんが、しっかり自分の体も洗い流しましょう。

プレイ後は排尿する
サービス中に雑菌が体内に侵入している可能性もあるので、プレイ後は必ず排尿しましょう。
雑菌は尿と一緒に排出されます。

  
お客様対処法


では性病かも?というお客様だった場合どうすればよいのでしょうか。

上記のポイントから、
シャワーの時に性器にブツブツやしこりがあったり、膿や悪臭、体を洗ったときに痛がるなど異変がある場合は一人で対処するのは危険なので、接客を中断してスタッフに連絡をしましょう。
適切な対応をしてくれます。

また、肌が荒れているなど判断が難しい場合は感染予防のため、フェラや手コキをNGにしてゴムを着用してのプレイにしてもらうなど対処しましょう。

お客様が気分を害されたり嫌がれる可能性もありますので、その場合はスタッフにお願いしてお話ししてもらうのも良いでしょう。

 

まとめ


如何だったでしょうか。

・予防をしっかり行う
・定期的な検診をする
・予防法・対策を徹底する


予防や対策について詳しく知りたい方はこちら

<自分の身は自分で守る!性病対策の決定版>

以上のポイントを実行することでリスクはグッと下がりますが、怖いなと思う人はリスクの大きいオプションをNGにするのも一つです。

あとは自分で対処せずスタッフに相談するのも忘れないように。

一覧へ戻る/TOPに戻る

popular RANKING 人気記事ランキング

  • 1

    知ってると得する☆シフトのヒミツ
  • 2

    癒し空間!女の子の待機方法って?
  • 3

    させない!本番強要の断り方
  • 4

    新人期間の過ごし方で稼ぎが変わる?!