要注意!“雑費なし”の落とし穴

2021.05.17

求人の内容の中には、『雑費あり』や『雑費なし』と書かれた内容を目にしたこともあると思います。
そもそも雑費って何?
今回はそんな疑問にお答えしていきます。

 

CONTENTS

▶ 雑費ってなに?

▶ 雑費の対象って?

▶ 雑費の引かれ方?
▶ まとめ



 
雑費ってなに?
  

雑費は女の子の手取りのお給料からいくらか引かれる経費のこと。
女の子がお仕事するためにお店が用意したものに対して女の子のお給料の一部から負担する制度なんです。

お店によっては、雑費を『在籍料』『厚生費』など言い方があります。
チェックしてみてくださいね。

雑費の対象って?
 
業種や業態・お店によって多少違いはありますが、雑費に充てられるものは基本的に同じです。

タオル代
ローション代
イソジン代
コンドーム代
アダルトグッズ代
衣装クリーニング代

などに使われていることが多いです。

最近では、雑費のないお店が増えてきていますが、そういうお店の場合はバック料金がはじめから低く設定していることがあります。

雑費の引かれ方


雑費の引かれ方は店舗によって様々。
では、どんな引かれ方があるのでしょう。

 

①1日あたり決まった額が引かれる。

一律で
・ 500円
・1,000円
・2,000円

と雑費の金額が決められて引かれる仕組みです。

 

②その日に稼いだお給料から10%などパーセントで引かれる。

手取りから均一に引かれる仕組みです。

5%~10%が相場です。
 

③接客するたびに決まった額が引かれる。

交通費などで500円引かれるといった仕組みです。

 

④稼いだ金額によって雑費料金が変わる。

稼げた日に多く引かれるパターンです。

・1万円未満…雑費なし
・1万円以上…1,000円
・2万円以上…2,000円


上限はしっかり決まっていることが多いので安心してください。

 

まとめ

「雑費が引かれる」というと、働く女の子にとってはイヤかもしれません。
しかし、雑費はお店を運営するための大切な費用です。

女の子が安全に安心してお仕事できるための必要経費だと思ってください。
雑費のないところはバック料金があらかじめ低いか、お仕事に必要な道具を自分で用意する必要のあるお店が多いのです。

ただ、常識を超えた金額を取る悪質店も存在するので、相場を把握して、面接の際にお店で確認することが大切ですね。

一覧へ戻る/TOPに戻る

popular RANKING 人気記事ランキング

  • 1

    「なんの仕事してるの?」もう悩まない回答方法
  • 2

    不安解消!盗撮を見破る方法!
  • 3

    ≪身バレ≫原因と対策!+言い訳例もあるよ★
  • 4

    重要なのは回数?時間?写メ日記更新のヒミツ