【教えて!】面接で必須の持ち物+α

2022.05.16

『求人情報を見つけて面接へ!……でも持物って?』
と、はじめての女の子には不安になりますよね。

一般的な会社とは違う風俗の面接に必要なものをまとめてみました。

   
 
風俗の面接は履歴書不要!

一般的なお仕事の面接では履歴書が必要です。
履歴書には、学歴や職歴、趣味や特技、志望理由など採用の為に自分をアピールする必要があります。
しかし、風俗の面接の採用基準が一般職業と異なり


お店に合った容姿
言葉遣い
表情
といった接客スキルです。

過去の職業や学歴などは一切関係のない職業であり、面接の際に女の子がお店でお仕事できるかを会話を通して確認しているため履歴書は不要なのです。

ただ一点。
【身分証】が必要です。

使える身分証明書

風俗の面接に必要なものは【身分証】です。
ただ身分証と言っても種類があります。
認められないものもあるので、確認してみましょう。



風俗の面接で身分証として使用できるものは、


運転免許証
パスポート
マイナンバーカード(住基カード)

顔写真の付いた公的身分証です。

面接したその日に体験をする場合は上記の身分証に+本籍地記載の住民票の用意をしましょう。

身分証は事前に取得しておく必要がありますが、時間がかかるものもあります。
今すぐ働きたいからと言って借りるようなことはしないように。



一番素早く取得できるのが原付の免許証。
約1万円で、最短1日で手に入ります。

もし、身分証がなかった場合、求人窓口で相談してみましょう。

身分証が必要な理由

面接で身分証を見せてと言われると少し不安に感じるかもしれません。
しかし、
身分証提示の目的は2つ。


年齢確認
本人確認

それ以外の理由はないので安心してください。

風俗でお仕事するには、女の子自身が18歳以上であることを証明しなくてはいけません。

18歳以下の女の子を雇ってしまった場合、お店が摘発され営業ができなくなってしまいます。
そうなると、女の子が働く場所を失ってしまう原因になってしまいます。

実際に18歳以下でありながら先輩やお姉さんの身分証を借りて面接に来る人もいるのです。

その為、
身分証は顔写真付き、本籍地記載の住民票でしっかり年齢確認を行うお店がほとんどです。

↓↓詳しくはこちらを↓↓
身分証ってなんで必要なの?その理由を徹底解説!

持物チェック

面接のために必要な身分証以外のものもチェックしてみましょう。
 



お化粧が崩れているとイメージが悪くなることも。
無頓着と思われてしまうのは損。
面接前に外見をチェックしましょう。


 

面接の際には待ち合わせや、送迎車との連絡など必須。
すぐに充電ができるようにモバイルバッテリーを用意しておくといいでしょう。


 

面接後に体験入店を予定している女の子は、入店時と同じように接客のお仕事をするので、お客様への印象を崩さないためにも上下セットの下着を身につけておきましょう。

服装に関してはこちら↓↓
面接の服装

まとめ

風俗のお仕事をはじめるために一番必要なのは身分証です。
18歳以上だからと言って身分証なしで面接に行っても採用されません。
身分証は必ず用意しててください。

身分証は1つ持っておくだけで様々な場面で使えます。
今持っていない人はこの機会に作っておくのもいいですよね。

バカンス学園谷九校(バカンスガクエンタニキュウコウ)
デリバリーヘルス/ホテルヘルス
11:00~翌03:00
営業用HP
<前 次>
一覧へ戻る/TOPに戻る

popular RANKING 人気記事ランキング

  • 1
    【今知っておく】性病の治療法
  • 2
    バック率は重要?!【知りたい風俗業界のお給料相場】
  • 3
    \お給料UP!?/実は服装がイチバン大事!
  • 4
    【何が違うの?】ヘルスの業種について