\お給料UP!?/実は服装がイチバン大事!

2022.06.20

風俗のお仕事は
「どうせ裸になるんだからファッション関係なくない?」
と思っている人はいませんか?

風俗のお仕事で稼ぎたい!
指名を取りたい!
そう思っているならファッションにも気を遣う必要があるんです。

   
 
服装が大事な理由

風俗のお仕事は基本的にシャワーの時間になれば服を脱ぎ、サービスが始まるので、裸になることがほとんどです。
服を着ている時間と言えば接客時間からみても短いでしょう。

でも、「だからなんでもいい」ということにはならないのです。

服装は印象を大きく変えます。
第一印象が重要なのは当然ですよね。


ヘアスタイル
メイク
服装

と女の子と会った時、お客様が「アタリだ!」と思ってもらえなければ次はありません。
第一印象から好意を持ってもらい、リピートや指名に繋げるためにも服装は大事なのです。
服装も稼ぎに直結すると覚えておきましょう。

お客様ウケする服装

女の子が稼ぎたい、リピートされたいと思うのであれば。お客様に
「もう一度会いたい」と思わせる必要があります。
お客様が“もう一度会いたい”と思う服装とはどんなものなのでしょうか。

 

コンセプトに合わせる
 

お店によってカラーやコンセプトがあります。
そして、ご利用されるお客様はそのお店を好んでいるということ。

素人系のお店であれば、清楚でおとなしく見える服装。
ギャル系のお店なら、カジュアルで派手なファッションが好まれるでしょう。

お店の傾向に合わせたファッションは大切です。

 

お客様に良い印象を与えるポイント
 
 
①素材    


プレイ中は脱ぐとしても前後でお客様とイチャイチャすることもあります。
お客様が衣服に触れた際、触れ心地の良い生地だとお客様の好感度も高くなります。

ふんわりとした手触りのカシミヤやさらさらのシルクやサテン。
これらの素材を好む男性も多いので選んでみてもいいかもしれません。

 

②色使い   


視覚が大いに影響を与えるので、服選びは色味も注意が必要です。
あまりに派手な色使いのものはお客様にドン引きされる可能性があるので注意が必要です。

ベージュ、パステルカラー、ホワイト。
シックな装いは男性に好まれやすい傾向にあります。

 

③季節感   


ファッションで重要なひとつに季節感があります。
季節感を無視すると
「ずれている」「センスない」といったネガティブな印象を与えてしまいます。
無理をして露出する必要はなく季節に合わせた服装を心掛けましょう。

 

④清潔感   


なんと言って大事なのはこれです。
お客様から「不衛生っぽい」と思われてしまっては、次に繋がりません。

ボタンが取れかかっている。
服がしわくちゃ。
服にシミがある。
など要注意です。
併せて爪や髪などにも気を配りましょう。

 

⑥TPO   


待ち合わせの場合やデートコースなど周りの人の目がある場所の場合、お客様は特に周りを気にします。
風俗嬢と思われない、外で一緒に歩いていても違和感のない服装、コーディネートを意識する必要があります。

NGな服装

お客様が「ハズレ」だと感じる服装はどんなものでしょうか。

キャラクターTシャツ
ダボダボしたトップス
ジャージ
派手な柄物
スニーカーやサンダル
上下バラバラの下着

など。
つまり“色気を感じない”“エロさがない”服装はNG
女の子の中で流行っているアイテムが男性にウケるとは限りません。

女の子に人気の
ワイドパンツやガウチョ、サルエルパンツなど女の子の中ではふんわりとしたシルエットでアリと思うかもしれませんが、男性からするとセクシーさを感じさせない服装になるため選ばない方がいいでしょう。

また、リラックスしたいがためにラフなスタイルはNG。
風俗はお客様に非日常を感じてもらうお仕事。

“自分の過ごしやすさ”よりも
“お客様の満足度”を重視し喜んでもらえる服装をチョイスしましょう。

 
まとめ

どんなお仕事もお客様がいてこそです。
特に風俗は女の子自身の魅力がそのままお給料に還元されます。

まずは第一印象の見た目でお客様の心を掴む必要があります。
服装、ヘアスタイル、メイクを疎かにせず、丁寧な接客を心がければ、今よりもっと稼ぎが増えるのではないでしょうか

club MARIA(クラブマリア)
デリバリーヘルス
10:00~翌01:00
営業用HP
<前 次>
一覧へ戻る/TOPに戻る

popular RANKING 人気記事ランキング

  • 1
    【今知っておく】性病の治療法
  • 2
    バック率は重要?!【知りたい風俗業界のお給料相場】
  • 3
    \お給料UP!?/実は服装がイチバン大事!
  • 4
    【何が違うの?】ヘルスの業種について